爆笑したハロウィンナンパから学ぶ最強マインド

どうも、ちゅんです。

Twitterでヤバイ男を発見しました。

お腹抱えてヒイヒイ笑った上に
「これ情報発信ビジネスで必須のマインドやな」
と思ったエピソードがあったのでブログを書きます。

 

 

前提の知識として、
ハンターハンターって漫画があるんですよね。

主人公のゴンはコチラ。

 

 

今回のポイントを簡単に説明すると、
ゴンはピトーという敵を倒すために強制的に成長。

その結果、主人公のゴンは覚醒して髪の毛が伸びました。

そのときの姿がコレ。

 

 

ゴンさん笑えるくらい髪が長い。

もう筋肉ムキムキになってTシャツがパツパツ。

 

そしてコチラをご覧ください。

 

ナンパ師、ゴンさんの姿のままホテルに誘ってた。

 

 

僕はヒイヒイ笑った後、
「このマインド大事だな」と思いました。

 

そもそも『恥ずかしい』って感情があると何も始まらないですよね。

 

ナンパする男の目的って、
女の子とホテルでちょめちょめしたいわけです。

 

ナンパ界隈の中で
『ハロウィンナンパは成功しやすい』という言い伝えがあります。

 

なんでかっていうと、
『男女共に仮装している=仲間意識が芽生える』からですね。

仲間意識が芽生えると、
女の子と仲良くなりやすくなります。

趣味が同じとか、地元が同じ人とかってなんとなく親近感が湧きますよね。
それと似た心理です。

 

例えばですけど


「トリックorトリート〜!」
と言いながらお菓子を配る、


「あ、これ〇〇のキャラクターの仮装ですよね?一緒に写真撮りません?」
と声をかける。


自分の携帯で写真を撮った後に
「写真を送りたいからLINE交換しようよ!」と連絡先ゲット。

 

というわけでハロウィンナンパは成功しやすいとのこと。

なんならお菓子なんて用意してなくても声をかけるだけでも良い。

ちなみにターゲットは、ガチのコスプレイヤーではなく、ドンキホーテとかで買えるレベルの安っぽい仮装している女の子が狙い目とのこと。

理由は、ガチコスプレイヤーだとハロウィンに本気すぎてナンパどころじゃないらしいです。

ちょっと調べたら、画像に貼ってある仮装はAmazonで3000円くらいで売ってました。

 

ホテルまで誘えなかったとしても、
LINEの交換くらいは簡単にできそうですよね。

 

ところがゴンさんの仮装をした男はとんでもなく目立つわけです。

あの格好で女の子とホテルに行こうとするのって相当恥ずかしいですよね。

ゴンさんに付いていく女の子も度胸ありまくりで笑いました。

 

とりあえず頭でかい。
ひたすら目立つ。
ホテルの入り口に頭が突っかかりますね。

想像しただけで笑えます。

 

で、話を戻すと。

ゴンさんの格好したナンパ師が「仮装してて恥ずかしいからナンパできないよ」とか言ってたら何も始まらないわけです。

あの仮装で平然とナンパできるマインドは見習うべきですね。

あのマインドがあれば、ゼロからネットビジネスで稼げるようになるのも早いだろうなと確信しました。

 

情報発信で言うと例えば。

「文章が下手だからブログ公開できない」

「喋るの下手だからYoutubeが撮れない」

「有料商品を作ってバカにされないか不安」

 

こんなんだったら結局は何も進まない。

つまり何も進まない理由ってほとんどの場合『恥ずかしい』って感情なんですよね。

 

僕は昔『恥ずかしい』という理由で進まなかったことがあります。

そもそも人と話すのが恥ずかしかったわけです。

高校生のときなんて同級生と喋らなさすぎて担任の先生から「いじめられてるのか?」と心配されたほど。

 

始めて営業職をしたときなんてコミュ障すぎてクッソ役立たず。

電話対応は日本語を覚えたてのオカメインコのようでした。

「かぶ、株式会社〇〇です。あ、ハイー。〇〇様デスネ?社長サンに用事デスカ?社長サンに代わりマス」

(あれ、電話先の相手の名前忘れたわ)

 

ポンコツすぎて殴りたい。

使えなさすぎて社会人失格というか、社会人のスタートラインにすら立っていませんでした。

 

今となってはセールスのプロとして起業できましたし、初年度から年商1000万を突破できました。

 

サンクチュアリ出版でセミナーを開いたり、セールスの技術を教えてクライアントを100万以上も稼がせています。

 

結果として『喋り』だけで利益を生み出せる人間になれました。

 

すべては『恥ずかしい』という感情を捨てて挑戦してきた結果です。

 

ビジネス初心者の人に伝えたいことは…

『恥ずかしい』という感情を乗り越えた先に成長があるということ。

 

逆に恥ずかしくない挑戦は、本当の挑戦ではありません。

恥ずかしい経験を乗り越えないと自分が成長することはありません。

 

なので「うわーこれ嫌だなー恥ずかしいなー」と思うことほど、勇気を持って挑戦した方が良いですよ。

 

セミナーに参加してみるとか、無料相談会に参加してみるとかでもOKです。

 

YouTubeだって最初から上手く喋れる人はほとんどいないので、非公開動画から撮ってみればいいと思います。

 

ビジネス初心者のTwitterアカウント見つけて、非公開設定でコンサル動画撮るのも良いでしょう。

僕はビジネス初心者のときに実践してました。

 

で、少し喋れるようになったら動画を公開。

そのうち慣れたら実際に無料相談会でも開いて通話コンサル。

 

無料コンサルを続けて、価値提供できるようになってきたら有料コンサル。

 

これでゼロイチは達成できると思います。

 

というわけで、

まずは『恥ずかしい』と思うことに挑戦してみましょ。

 

【無料プレゼント実施中】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友達も少ない口下手な僕が
セールスのプロとして起業しました。

 

世の中には良い商品(サービス)なのにセールスを知らなくて売れていない人が多すぎます。

逆に商品がスカスカなのにセールスだけ学んで売れている人もいます。

それってスゴイ悔しいです。

せっかく良い商品があるなら正しいセールス術を学んで売れて欲しいと思っています。

 

このブログでは

・ネットを使って自分の商品・サービスを売りたい。

・コンサルをして稼ぎたい。

・魅力的な商品作成を知りたい。

・高単価でも満足度の高い評価が欲しい。

など・・・

 

ネットを使った収益化について発信していきます。

 

メルマガはコチラから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です