メンタル鍛えるためにコガネムシ食べてみた。

メンタル鍛えるためにコガネムシ食べてみた。

食レポの記事です。
 
 
ある日、ビジネスの師匠からLINEが来ます。
 
「(ゲテモノ店のURL)
今月行ってきて、ゲテモノ食べてきてください。」
 
 
 
うぎゃあー!
 
 
ということで、
メンタルを鍛えるため食べることになりました。
 
重たい足取りの中、いざお店へ。
 
 
 
なんと爽やかに外で食べられるんです。
田舎の野外は虫が多いですね。
これから虫食べるのに虫が寄ってきます。
 
 
僕「タピオカドリンクとコガネムシの素揚げお願いします。」
店員さん「合計1200円です!揚げたてをお持ちしますね!」
 
・・・あ、揚げたて?
 
こんなに嬉しくない「揚げたて」は初めてです。
直前まで生きている虫を想像したら気分が悪くなりました。
世界で1番嬉しくない揚げたて。
 
ちなみにコガネムシの素揚げ6匹で800円でした。
安いのか高いのかわかりません。
 
数分後に席に持ってきてくれました。
画像はコチラです。

 

ちょっと?揚げるの早くない?
店員さん?もっとしっかり揚げてもいいんだよ?
 
 
う、なんとなく香ばしい匂い。
とりあえず見た目がアウト。
食欲がどこかへ飛んでいく見た目してます。
 
 
あー、箸に伝わる感触も嫌だ。
 
近くにトンボ止まってるけど、トンボの方が食べやすそう。
トンボが美味そうに見えるくらいコガネムシ嫌だ。
 
自己暗示をしてみます。
 
「草食べてるから実質野菜。
 実質野菜だ。香ばしいサラダ。
 これは野菜の揚げ物。
 茶色くて足生えてる野菜。」
 
あー自分こんなにメンタル弱かったんだ。
己の弱さを知りました。
 
嫌だ、嫌だ、嫌だー!
 
泣きそうなテンションです。
というか鼻水でてきました。
 
それなりに時間かかりましたがついに口に放り込みます。
一心不乱に噛み砕きました。
そりゃあもう凄い勢いで噛み砕きました。
 
うげ・・・。
 
なんかしょっぱい。塩味。
固いところ噛んだ。たぶん頭。
 
外側とか足が固い。
食べながら吐き気がする。
 
羽とか足の食感が嫌だ。
 
「うえーーー。」
 
はい、吐きましたすいません。
 
外で食べてたので吐き出しやすい環境でした。
これは甘えですね。
 
 
再チャレンジ!
 
2匹目、なんとか飲み込みます。
あんまり味はないんですけど香ばしい後味が嫌だ。
 
 
あと4匹。
嫌な気分を4回は辛い。
ぶっちゃけ捨てたい。
逃げるな自分。
 
「よし、2匹食いだ。」
 
寿司の2巻食いみたいな発想です。
「苦痛が4回から2回に減る!」
この時の自分、天才かと思ってました。
 
 
深呼吸します。
 
 
「虫は植物を食べてる。
 だからコガネムシは実質野菜だ。
 茶色いけど野菜。
 足がある野菜。
 野菜、野菜、野菜。」
 
 
とりあえず口に2匹放り込みます。
あー!世界で1番嫌な塩味!
 
吐きそうになったので噛む前に口から出します。
 
再チャレンジ。
深呼吸。
 
すぅーーーーー。
っふうぅーーーーー。
 
なんとなくお腹痛くなってきました。
ストレスかもしれません。
 
あ、ホントにお腹痛くなってきた。
早く食べなきゃ・・・。
 
2匹食い!そいや!
 
やっぱりマズい。
食感も最悪。
口の中に広がる圧倒的な虫味。
 
そして事件が起きます。
 
ストローにタピオカ詰まった!
 
終わった・・・。
飲み物で流し込めない。
 
大量の虫味が口の中に広がります。
えずきながら気合で飲み込みました。
 
虫を食べるときはタピオカドリンクはダメですね。
 
ラスト2匹。
 
「2匹食い!そいや!」
 
あれ?
さっきのコガネムシよりマズイ。

 

なぜかクセがある。
マズイマズイマズイ!早く飲み込みたい!
 
「うえーーーーー!」
 
 
またストローにタピオカ詰まりました。
 
 
地獄、再び。
 
口の中が虫!虫!虫!
 
 
普通に泣きそうなテンションでした。
 
 
思い出しただけで鳥肌が立つマズさです。
 
飲み物で素早く流し込めないのは地獄でしたね。
 
 
吐きそうになりながらも完食!
 
 
 
結果的にメンタル鍛えられた気がします。
ちゃんとお店で食べてください。
その辺のを食べると食中毒になる可能性があるので。
 
マイナス思考な人とかメンタル鍛えたい人はオススメです。
 
  
 
騙されたと思って食べてみてください!
・・・しっかり騙されます。
 
 
そもそもなんで僕がこんなことをしたかっていうと、
実はちゃんとした理由があります。

「自分に負荷がかかることに挑戦する。」ってことなんですよね。

僕は虫食べるのって嫌ですよ。見た目だけでもキツイですもん。
ホントは食べたくないです。
いくら足の生えた野菜だと思ってもマズいもんはマズい。

虫を食べることって嫌なことを乗り越える練習なんですよね。

いやいや。

虫食うこととビジネスって全然関係ないやん?
って思われがちなんですけど意外と大事です。

新しい世界とか嫌な世界に飛び込むと成長できます。

もしアナタが快適な生活を望むなら、
自ら不快に飛び込む覚悟が必要なんですよね。

お金を稼ぐには嫌な作業とか面倒な作業をしなくてはいけません。

「あー!キッツー!しんどいー!」っていう気持ちを乗り越えなければ本当の自由は手に入りません。

虫を食べるのって手っ取り早いメンタルの鍛え方なんです。

ちなみに年収3億円の大師匠も虫食を推奨していました。

師匠に言われたことを素直に実行するっていうマインドは鬼重要です。

もし僕が虫を食べずに嫌なことから逃げていたらメンタルは弱いままです。

メンタルが雑魚だと作業をしてるときに
「今日は眠いからもういいか。めんどいからいいや。」ってマインドになります。

というわけで僕みたいに自分に甘い人は虫食べましょう。
マインド鍛えたらビジネスも成功しやすくなりますよ。

虫を食べたら成功するわけではない。

しかし。

成功している人のほとんどは虫を食べている。

 

「虫食べた方がいいですかね?」
という疑問は
「ビジネスで成功するためにはブログ書いたほうがいいですかね?」
と同じような意味です。

ぜひ。

【無料プレゼント実施中】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友達も少ない口下手な僕が
セールスのプロとして起業しました。

 

世の中には良い商品(サービス)なのにセールスを知らなくて売れていない人が多すぎます。

逆に商品がスカスカなのにセールスだけ学んで売れている人もいます。

それってスゴイ悔しいです。

せっかく良い商品があるなら正しいセールス術を学んで売れて欲しいと思っています。

 

このブログでは

・ネットを使って自分の商品・サービスを売りたい。

・コンサルをして稼ぎたい。

・魅力的な商品作成を知りたい。

・高単価でも満足度の高い評価が欲しい。

など・・・

 

ネットを使った収益化について発信していきます。

 

メルマガはコチラから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です