年収3億円越え起業家の懇親会に参加

この記事では年収3億円の起業家から
ネットビジネスのノウハウや考え方を聞いてきたので文字起こししていきます。

大師匠であるわっきーさんに会うという小さな夢が叶いました。

師匠の師匠なので憧れの存在。
僕が本格的にネットビジネスを始めようを思ったキッカケの人です。

わっきーさんって誰?

簡単にどんな人なのか説明します。

 

20歳で月収300万円を越え。

現在(1992年生まれ)で
年収3億円以上。

 

複数の事業をしていて

  • コンテンツ販売(ネットビジネス)
  • 塾経営
  • 脱毛エステの経営
  • アフリカの土地開発
  • グラビアアイドルのプロデュース
  • などなど・・・

 

一言で何屋さんなの?というと
自動で収益を作るプロです。

コンサル生も多く、ネットビジネス業界に強い影響を与えています。

わっきーさんのブログはコチラ

 

そんな凄腕すぎる起業家とお会いできたのでブログに書いていきますね。

 

少し前にわっきーさんの約20万円の教材を購入。

2020年7月21日12時21分懇親会の案内メールが届きました。

(わっきーさんのメールの一部)

懇親会をやります。

月曜日ではありますが、懇親会をやろうと思っております。

あえて今日の懇親会は特に説明をしません。

今日の今日ですぐ来れる方のみ来てください。

最近やっていることは~(省略)

あとすごく世の中に言いたいのは~(省略)

というわけで〇〇(場所の名前)の19時の懇親会に来たい人は
ぜひ自己紹介と熱意を込めてメールをください。

メール見て、希望者多かったら抽選にします。

即返すよりも面白い紹介をお待ちしてます。

マスク着用してください。
参加費は3万円です。
場所は〇〇です。
19時です。

よろしくです。
少人数になるかと思います。

 

僕はこれを見て目ん玉が飛び出そうになりました。

 

「は?え?今日?うおおおぉぉぉぉ!キターーー!!!」

「怖い怖い怖い。でもいきなり?時間的に無理じゃない?」

「そもそも参加できる確率低くない?緊張して吐き気する。」

 

僕は頭を抱えました。

「どうしようどうしよう参加したいけど怖い怖い怖い。
 でもこんなチャンス2度とないかもしれん。
 応募するだけしよう。応募しよう、何書こうどうしよ。」

とりあえずシャワーを浴びて出かける準備をしながら
懇親会の申込みメールの文章を考えます。

下記が実際に送った文章です。

こんにちは。
 
いま北海道にいるのですが、
懇親に参加希望者としてメールを送信します。
 
緊張で負荷かかって少し吐きそうになりました。
 
わっきーさんが沖縄に速攻で飛んで行ったエピソードを思い出しながら、シャワー浴びて準備しながら文字を打っています。
 
初めまして、〇〇(本名)と申します。
Twitterでは、ちゅんという名前で活動中です。
 
〇〇関係の人材派遣の経営をしている個人事業主で、数名の外注さんと事業をしています。
 
わっきーさんの弟子である、〇〇さんからネットビジネスのコンサルを受けています。
 
〇〇さんはこの方です。
「TwitterのURL」
 
あとわっきーさんのコンサル生絡みでは、〇〇さんにもTwitterで知り合っていました。
 
ネット上での実績は〇〇です。
〇〇と、〇〇を出して〇〇です。
 
 
面白い自己紹介として、
催眠術を習っていて、今日はプロの催眠術師からZOOMで催眠を受ける予定でした。
 
珍しい体験が好きです。
 
わっきーさんの懇親があるなら催眠体験をキャンセルして向かいます。
 
とりあえず参加OKが出ることを信じて、空港に向かおうと思います。
 
よろしくお願い致します。
 
 
こんな感じでメールを送信。
 
 
ちなみにシャワーを浴びながら全裸でメールの文章を入力してました。
 
さすがにわっきーさんも僕が全裸でメールしているとは思わなかったでしょう。
 
 
 
とりあえずメール送ってすぐに空港に向かいました。
そもそも当選するかわからなかったですが時間的にギリギリだったのです。
 
もちろん余裕なさすぎて帰りのホテルとか手配してません。
 
 
 
もし懇親会の抽選に外れていたら、
用事もないのに空港にいるただのアホでしたね。

 
 
空港に着く直前、
わっきーさんから返信がきました。
「ではおいでください。」
という文字を見た瞬間、うおおおぉぉぉーと唸りました。
 
 
 
きた、超ラッキーです。
一生分の運を使い果たしたかもしれません。
 
 
幸運の女神は「微笑む」を通りこして「大爆笑」です。
 
当たれ当たれ当たれ~と念じながら空港へ向かった甲斐がありました。
 
 

さっそく懇親会での内容を書いていきます。

調子に乗ったら終わり。

月収100万円の人は知らないことだらけ。

月収200万円で調子に乗っている人は終わり。

自分に満足して調子に乗ったら成長が止まる。

何かを学ぶときは何も知らない前提で動く。

これは月収だけの話ではない。

 

僕の昔の価値観だと、
月収100万円=知識豊富で神様のような存在でした。

手取り17万円の会社員からすると収入は6倍くらいですよね。

ってことは
月収100万円の人は一般人の6人分の脳ミソなのか?

そんな感覚でした。

 

今はまだ月収200万円は達成していません。

もしこの話を聞いていなかったら、月収200万円を達成したとき僕は調子に乗っていたと思います。

高級ブランドを買ったり、
高い寿司を食べたり、
旅行で贅沢をしたり。

そんな自分に酔いしれて「俺スゴイだろ!ドヤ!」と満足していたかもしれません。

でもそんなんじゃダメなんですね。

 

思い返せば僕の周りの稼いでいる人は向上心がありまくりです。

わっきーさんは年収100億円の世界を目指していますし、
自分の師匠は世界トップレベルのマーケターと一緒に仕事したいとか。

成功者は目標に対する基準値が高いです。

 

あとサラッと書いてますが、
「何かを学ぶときは何も知らない前提で動く。」

これ大事だと痛感しています。

 

少し悪い事例を解説。

僕が通話で無料コンサルをしていたときの話です。

ビジネス初心者っぽい人に僕は
「DRMの流れはご存知ですか?」と聞いたんですね。

そしたら「知ってます!前に色々勉強しました!」
と、自信満々な回答。

 

でも何か会話がかみ合いません。

そこでDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の基礎知識をもう一度確認しました。


「集客、教育、販売って3つの考え方は聞いたことありますか?」

初心者っぽい人
「とりあえずたくさんブログ書いて、収益になるようなリンクを貼りまくればいいんですよね?」

ち、ち、ちがーう!
(心の声)

 

せめて
「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)=SNSとかブログSEOで集客して、メルマガとかLINEで商品の良さとか価値観を伝えて、販売する。」

自信満々で勉強したと言うならこれくらいザックリな理解はして欲しかったです。

 

つまり、中途半端に知識を付けると「あーはいはい知ってる。」となって理解度が浅いことがあるんですね。

だから理解しきれていないと思ったら

「確認しても良いですか?」とか
「〇〇ということでしょうか?」とか
「その知識は自信ありません。」とか

そんな謙虚な姿勢の方が成長できますし、
中途半端な理解だったら復習になりますよね。

 

自分に負荷をかけ続けろ。

自分に負荷をかけるのが当たり前の基準にするべし。

弱い負荷で満足していたら成長が鈍くなる。

 

わっきーさんのとある後輩の昔話が衝撃的でした。

ビジネスを頑張りすぎてハゲたのです。

今では年商10億とかのレベルの有名な方です。
彼はただの天才ではなくて影で努力しまくってました。

ハゲるくらい自分を追い込める精神力はエグいですよね。

 

さらにわっきーさんはハゲた後輩を見て
「あー自分ハゲるほど追い込めてないな。」と反省したそうです。

 

成功者の基準値が高すぎてエベレスト級。

それを聞いた僕が思ったのは、
ビジネスってハゲてからが本番なのかな?

少し努力したくらいで上手くいかずにへこんでいた自分が恥ずかしくなりました。

 

 

僕は今回、北海道から東京に向かって懇親会に参加しました。
でも「俺、北海道から参加してる。スゴイだろ。」とか思ったら終わり。

もっと負荷かけてる人なんてたくさんいます。

 

わっきーさんレベルのセミナーや懇親会だとブラジルやアフリカからでも参加する人もいるんですよ。

1人に会うため、数時間のために海外に飛び立つってフットワーク軽すぎますよね。

そしてわっきーさんは物理的にも人を動かす影響力ありすぎです。

 

 

わっきーさん自身も常に自分に負荷をかけ続けています。

今回の懇親会だってそうだ。

メールで自分の知らない人を集めたら話さないといけないから多少は自分に負荷がかかるとのこと。
わっきーさんの弟子や経営者仲間を集めて飲み会をすれば自分に負荷はないらしいです。

 

しかも懇親会を開催しようと思ったのはメールを送る5分前と言っていた。

普通の感覚からすると5分で懇親会を企画するなんて出来ない。

 

それにしても5分で企画って行動力が凄いですよね。

「ちょっくらコンビニ行ってくるわ。」くらいのノリで懇親会募集してるんでしょうか。

しかも超応募くる。
参加費3万円で50人以上。

 

普通の食事会だと3万円なんて出そうと思いませんが、わっきーさんに会えるなら激安ですよね。

しかもオシャレな食事付き。
写真撮っとけば良かったと後悔。

コスパ良すぎです。

自分史上、最も有意義な3万円の使い方でした。

 

最強マインドの人物像

最強のマインドは「ドラゴンボールのベジータ。」

通称「プライド高すぎ王子」です。

俺は王子だ!という圧倒的な自信。
そして敵にボコボコにされても勝つための努力を怠らない。

ライバルである悟空と戦うときも
「オ…オレは超エリートだ…!! あ…あんな下級戦士にやられるわけがない…!!!」

とにかく自分に自信があるマインドは最強。

 

これ恋愛に例えるとわかりやすいです。

まず自分に自信がある人は恋愛においても無敵。

 

「結婚してくれ、俺が絶対に幸せにしてみせる!」

これは女性からすると嬉しいですよね。
シンプル。

 

逆に自信ない人からプロポーズされても困ります。

「他の男の方が収入も良いし顔も良い。
 でもなんとか幸せにする努力をします。
 こんな俺で良かったらどうかなぁ?
 大丈夫そうだったら結婚してみない?」

ノー!アウト―!
自信満々で幸せにして欲しいですよね。

 

つまりビジネスにおいても自信は重要です。

 

例えばビジネスコンサルの案内。

「僕のコンサルで成功するかわかりません。
 もっと良い人はいると思います。
 でも少しでもあなたの人生が良くなれば良いな。
 しっかり行動すれば稼げるかもしれません。
 稼がせる自信はそんなにありませんが僕と頑張ってみませんか?」

と、言われたらどうでしょうか?

自信がない人からコンサル申込みたくないですよね。

どんなに良い商品だとしても自信なさそうに言われたら買う気が失せてしまいます。

 

 

で、プライドの話の続き。

最初ベジータは敵を滅ぼすため、自分のために戦っていました。
最終的に愛する家族のために戦うようになる所も良い。

 

「トランクス…ブルマを…ママを大切にしろよ」

ギャップのある一言です。
戦いのことしか考えてこなかったベジータが家族のことを考えるなんて。

 

大切なモノのために余計なプライド捨てられるマインド。

 

経営者で例えると、
過去の余計なこだわりを捨てて、
論理的に利益追求できるかどうか。

 

 

さらにベジータって素直なんです。

有名なのがこれ。
「がんばれカカロット、おまえがナンバー1だ!!」

プライドが高いベジータが自分の弱さを素直に認めた名言です。

これって凄い重要なことで
「素直さ」は最強の成長剤。

 

どんなに良い師匠、教材、ノウハウに出会っても「素直さ」がなければ無意味です。

守破離の「守」とも言い換えることが出来ます。

この話を聞いたときにベジータが急にかっこよく感じました。

 

懇親会でベジータの物語を聞いて、
ドラゴンボールのストーリーを確認して、
僕がベジータの理念に共感しまくり。
 
なんだこれ、かっこよ。
 
 
 
自信を失いかけたらベジータを思い出すようにしています。
 
 
辛いことがあったら、
 
「ハーっハッハーー!
 俺は!そんなことではへこたれんぞー!」
 
と、僕の脳内ベジータが叫ぶシステムです。
 
 

比べられたら終わり

比べられたら終わりって話です。

商品とかサービス内容とかも
他人の値段で比べられたら終わり。

簡単に書くと唯一無二の存在になりましょうってこと。

 

駅前の飲食店は近いから食べますよね。

タクシーでわざわざ行きたくなるようなお店の方が長期的に儲かります。

なんでかっていうと、
ファンがいるからです。

 

もしファンがいない、差別化できない状態でビジネスをするとどうなるでしょうか?

 

あなたは駅前にある個人店の牛丼屋さんの店長です。

近くに大手チェーンの吉野家が参入してきました。

しかも吉野家の方が少しだけ駅から近い。

 

するとっどうなるでしょうか?

「駅前で近いからお店に行く。」
「値段が安いから行く。」
などの理由で通ってくれていたお客さんは消滅します。

 

ファンっていうのは好きかどうかって話です。

この店は味も最高だし居心地も良いから「好き」
「好き」だからまた通いたい。

「好き」だから通いたくなる存在になると商売は上手くいきます。

 

人は良いか悪いかではなく、
好きか嫌いかで判断する生き物です。

 

話を戻しますけど、僕がベジータが好きになった理由って見た目がかっこいいとか強いからってだけじゃないんですよ。

ベジータの考え方やストーリーに共感したから好きになったんです。

 

つまり情報発信者になるなら自分の考え方やストーリーをたくさん発信して共感されるようにことを目指すと上手くいきます。

 

Aパターン
「年収2000万円稼いでます!」
「実積ドーン!豪邸ドーン!高級車ドーン!」
「金が欲しいなら俺のマネしろ!」

 

これだけではダメです。
興味や知名度である程度はファンが出来るかもしれませんが個人で戦うのなら違う方法があります。

もちろん実積はあるに越したことはないです。

 

Bパターン
「ネットビジネスでの年収は1000万円です!」
「私はこんな考えをしていてこんな人生です。」
「まずは月5万から一緒に目指しましょう!」

実積で負けていても情報発信の内容によってはBパターンの方がファンが多くなります。

 

 

ファンが多くなるということは長期的に生き残ることが出来て、最終的には収入も逆転していきます。

人に好かれる、ファン化を加速させるブランディングが出来ていると、ライバルが出てきても負けません。

勝手に売れる状態を作り出すのがマーケティングの力なのです。

 

そうは言っても、
じゃあ具体的にどうすればファンが増えるのか?

気になりませんか?

まず誰でも出来る方法は、
「努力してきた過程を発信すること。」

あえて名前を付けるなら
行動力ブランディングです。

少年漫画の主人公が不利な状況から逆転していく過程を応援したくなったり、少しずつ強くなっているのを見ると応援したくなる心理と同じです。

そんな心理をアンダードック効果とも言うらしいですね。

 

ネットビジネスでいうと例えば。

  • 成功者のセミナーに参加してきてこんな学びがありました。
  • 本を読んで自分はこんな学びがありました。
  • ブログを100記事も書いてYouTubeも100本撮りました。
  • noteを販売してみました。
  • 電話で他人のビジネスの悩みを聞きまくりました。

上記は実積がない初心者でも出来ます。

お金がなくても、特別なスキルがなくても、
行動力って努力でなんとかなりますよね。

 

「〇〇さんの行動力すごいな。
 自分も頑張らなきゃ。見習おう。」

とか思われたら勝ちです。

努力の過程や体験談は、
誰かに比べられることもありません。

差別化やブランディングに繋がります。

 

僕のブログもまさに努力の過程を書いています。

成功者に会ってきた体験談とか、
勉強して得た知識とか、
苦労話とかをよく書いていますよね。

 

よくメルマガ&ブログ読者さんから
「ちゅんさんって行動力ありますよね。」なんて言われます。

でもそれって情報発信のネタにしたいから、
あえて行動してるっていうのもあるんですよね。

最初からお金を稼げなかったとしても、
行動力ブランディングは誰でも出来ます。

自分の出来るところから始めていきましょう。
最初はみんな初心者です。

 

より具体的なノウハウは僕のメルマガで公開しているので、
ネットビジネスに興味がある人はぜひ登録してください。

それでは。

【無料プレゼント実施中】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

友達も少ない口下手な僕が
セールスのプロとして起業しました。

 

世の中には良い商品(サービス)なのにセールスを知らなくて売れていない人が多すぎます。

逆に商品がスカスカなのにセールスだけ学んで売れている人もいます。

それってスゴイ悔しいです。

せっかく良い商品があるなら正しいセールス術を学んで売れて欲しいと思っています。

 

このブログでは

・ネットを使って自分の商品・サービスを売りたい。

・コンサルをして稼ぎたい。

・魅力的な商品作成を知りたい。

・高単価でも満足度の高い評価が欲しい。

など・・・

 

ネットを使った収益化について発信していきます。

 

メルマガはコチラから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です